動態管理の機能を有効活用しましょう

スマートフォンの利用率は国内外でどんどん拡大しています。今やご自宅でも外出先でも、プライベートにもビジネスにもスマートフォンを常に利用されているという方は多いです。最新の技術、機能もどんどん追加されています。スマートフォン自体の機能も日進月歩で常に進化し続けています。その中で最近もっとも注目を集めている機能が、動態管理です。スマートフォンでGPSを利用した地図などを利用されている方は多いですが、そのGPSの機能にさらにプラスアルファが加わった機能とご認識されてよいでしょう。リアルタイムで最新情報が大変な精度で更新されますから、自動車や電車などでの移動時にもデータがぶれません。物流関係や軍事関係、その他ビジネスにもプライベートにも応用できる機能ですので、今後のIT技術を引率しているといっても過言でもありません。

IT技術の進化した先に、動態管理がありました

動態管理を取り入れたソフト開発をしているIT企業が増えています。スマートフォンのGPS機能を利用した新機能で、リアルタイムで精度の高い情報を取り込むことができます。IT技術の進化とスマートフォンの機能性の進化は比例していて、一年前の機能が古いといわれているくらいスピードの速い進化性です。動態管理はその代表と言っても良いでしょう。GPSを利用した地図機能のみならず、SNSやゲームなどにも応用される技術であり、スマートフォンの利便性を十二分に生かした機能として国内外のIT系機能がこぞって自社製品の開発に生かしています。日本でこの機能の恩恵を受けている業界は、タクシー業界や物流関係の業界があります。お車で移動しながら、精度の良い地図情報を得られることで、正確な情報収集が可能になりました。今後はあらゆる業界で利用される機能になっていくでしょう。

動態管理が進むことでお客様満足度を上げます

今、いろいろな企業において、車両や現場担当者などの位置情報を記録したり、その状況を管理する動態管理が行われるようになりました。この管理を行なうことで、運行管理が高度化されると共に、配送とかその作業の効率化を促進させることが可能になりました。今までは、車載端末といった機器を利用していましたが、スマホとか小型タブレットが普及したことにより、その導入にも費用を抑えることが出来ることから、大幅に利用が増えることになりました。このことでバスの遅延をリアルタイムで知ることが出来ます。バスを待つ人が、待合室においてモニターでバスの運行が表示されることになり、状況が判断出来ることになり、不安やイライラと言ったことの解消にも繋がることになっています。また荷物の配送においても、遅延等においての対応が早くなりました。それは車両の位置、集荷状況、遅延時間などが判かり、ユーザーへの満足度も高くなっています。

車両の現在地がわかるので到着時刻を予測でき、信頼度がアップします。 お電話でのお問い合わせは月曜日~金曜日の10時~17時まで。 クラウドサービスで業務効率化・信頼アップ!ドライバーの負担軽減! 「安全運転支援」クラウドで運転記録を一元管理します。 車の現在地が管理できるので輸送計画を効率化。サービス向上に役立ちます。 2016年7月11日より「輸配送進捗管理サービス」の提供を開始しました。 動態管理なら、docoですcarにお任せ!